講師プロフィール

中島 誠之助なかじま せいのすけ

古美術鑑定家

中島 誠之助

登録ジャンル

生涯学習/人生/暮らし/環境/イベント/トークショー

プロフィール

1938年東京生れ。古伊万里など東洋古陶磁器を世にひろめる。
数十年にわたる「骨董屋からくさ」の経験をもとに、古美術鑑定家として活躍する。1980年に「南青山骨董通り」を作詞。飯田三郎作曲真咲みどり唄でキングよりプレス、これが東京の青山にある「骨董通り」の由来になり名付け親と呼ばれる。
テレビ『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)にレギュラー出演、するどい鑑定眼と歯切れのよい江戸っ子トークでお茶の間の人気者に。「いい仕事してますね」の名文句で“96年度ゆうもあ大賞”。製品監修・解説・論評・エッセー多数。
TV・CM・ラジオのほか、講演で全国各地をまわる。.
.

主な著書

◎著書・監修に
「父の思い出」(私家本・絶版)
「古伊万里染付人門」「古伊万里赤絵入門」(平凡社)
「中国古陶磁入門」「目利の利目」(平凡社)
「鑑定の鉄人」「骨董の真贋」「焼物の目利き」(二見書房)
「南青山骨董通り」「暮らしの骨董入門」(淡交社)
「世渡りカンどころ」(PHP研究所)
「骨董屋からくさ主人」(実業之日本社)
「誠之助のグルメ鑑定帳」(日本経済新聞社)
「ニセモノ師たち」「ホンモノの人生」(講談社)
「体験的骨董用語録」(ちくま文庫)
「山が家族を育ててくれた」(山と渓谷社)
「中島誠之助のやきもの鑑定」(双葉社)
「中島誠之助の人めぐりモノめぐり」連載対談(双葉社・陶磁郎)
「週刊・やきものを楽しむ」全30巻(小学館・中島由美共著)
「やきもの文化史」連載(全国信用金庫協会・楽しいわが家)

 
 

 

PageTop