講師プロフィール

秋山 エリカあきやま えりか

東京女子体育大学 教授

秋山 エリカ

登録ジャンル

スポーツ/その他スポーツ/生涯学習/人生/教育/青少年育成/健康・福祉/健康

プロフィール

幼少のころからバレエに親しみ、中村学園高校時代に器械体操から新体操に転向した。
東京女性体育大学時代に、頭角を現し、1984年ロサンゼルス五輪、1988年ソウル五輪と連続で代表に選ばれる。
国内では最高峰の全日本選手権を1984年から6連覇するなど 第一人者として一時代を築く。
現在は、講演・講師・メディア・東京女子体育大学教授よして活躍する傍ら海外でのコーチ研修を経て後進育成に力を注ぐ。

経歴

1964年 福岡県出身
1983年 中村学園高校から東京女子体育大学へ
1984年 ロサンゼルス五輪・新体操代表
1988年 ソウル五輪・新体操代表
2000年 シドニー五輪 日本選手団新体操個人コーチ
2004年 アテネ五輪日本選手団新体操個人コーチ

1984~1989年 全日本選手権6連覇

主な講演テーマ

「『最高』という意識の持ち方」
自身が行ってきた「新体操」という競技は得点競技ではあるものの「タイム」のように
明確に一般認知されるものではなく、あくまで「表現」や「芸術」など複合的な点数要素
が多い競技です。そういった背景ナは常に「最高」のパフォーマンスを目指さなくては勝てません、「練習だから・・・」というモチベートが時折出てしまうと、当然「本番」では
うまくいかないものです。「個人」と「団体」で行動する競技をやってきたからこそ使い分ける、「モチベーション」の考え方を経験談をもとにお伝えできればと思います。



■その他のテーマ
「正しい姿勢で寿命が変わる」

健康管理というと、何もかもきちんと生活しなければというプレッシャーを感じる方もいると思い
ますが、簡単にできて見落としがちなのが「姿勢や呼吸」です。
姿勢が悪いと内臓を圧迫しますし、人間は骨の上に骨で立っているので、正しく骨を立てることが大事です。積み木は、歪めたまま高く積み上げると崩れてしまいます。人間も同じで、姿勢が悪いとそれを支えている筋肉や腱(けん)にも痛みが生じますが、正しく立っていると、どこにも負荷がかかりません。
そういたった何気ない部分を具体的にお伝えします。
また様々なダイエット法が注目されていますが、新体操を経験した立場から言うと、1カ月で5??とか、3週間で10??痩せるといった極端なダイエットの成功例はほとんどありません。一時的に痩せたとしても、3カ月後や半年後には元に戻っているか、以前よりも悪化しているケースがほとんどです。
それよりも、昔から言われている腹八分目で毎日きちんとバランスよく食べて、エネルギーを燃やす代謝の循環をつくり体操をするほうが健康にもダイエットにもいいのです
「なぜそうなのか 」
そこには、姿勢や呼吸を適切にして食事の取り方に理由があります。それをお伝えします。

実績

「親と子の新体操あそび」 国立印刷局
「ザ採点競技」(監修) 他多数

 
 

 

PageTop