講師プロフィール

柳田 邦男やなぎだ くにお

フリー作家

柳田 邦男

登録ジャンル

文化・芸能/作家/生涯学習/人生/健康・福祉/健康/医療/メンタルヘルス/ボランティア/イベント/トークショー

プロフィール

1936年 栃木県鹿沼市生れ
1960年 東京入学経済学部卒業。
NHK記者となる。

経歴

1971年 連続航空事故の謎を追った作品「マッハの恐怖」を発表し、
翌年(72年)第3回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
1974年 フリーの作家となり、執筆活動に入る。
現代人の「生と死」をテーマに、事故・災害・病気・戦争
などの問題に関するドキュメンタリー作品や評論を書き続け、
新しい表現分野としてのノンフィクション・ジャンルの確立に
貢献した。

実績

主な受賞作品

1979年 『ガン回廊の朝』第1回講談社ノンフィクション賞
1985年 『マリコ』『撃墜』1984年度ボーン上田記念国際記者賞
1987年 日航機事故報道などに対し 第38回NHK放送文化賞
1990年 ガン医学の著作活動に対し 日本対ガン協会賞
1995年 『犠牲(サクリファイス)わが息子・脳死の11日』と
ノンフィクション・ジャンルの確立への貢献に対し
第43回菊池寛賞

1997年 航空安全問題に関する執筆活動に対し
日本航空協会航空功績賞
1997年 『脳治療革命』連載に対し 第59回文藝春秋読者賞


主な作品

『零戦燃ゆ』(文藝春秋)
『ガン50人の勇気』(文藝春秋)
『人間の事実』(文藝春秋)
『脳治療革命の朝」(文藝春秋)
『死の医学への序章』(新潮社)
『死の医学への日記』(新潮社)
『読むことは生きること」(新潮社)
『いのち-8人の医師との対話』(講談社)
『20世紀は人間を幸福にしたか』(講談社)
『この国の失敗の本質』(講談社)
『はじまりの記憶』(講談社)
『見えないものを見る』(理論社)
『現代日本文化論6 死の変容』(共著/岩波書店)

 
 

 

PageTop