講師プロフィール

北芝 健きたしば けん

作家 コメンテーター

北芝 健

登録ジャンル

スポーツ/生涯学習/まちづくり/教育/青少年育成/学校・PTA/人権・男女共同参画/平等/平和/命/イベント/スポーツ教育

プロフィール

北芝健(きたしばけん) 作家・コメンテーター

元警視庁刑事。早稲田大学卒業後、一時、商社勤務を経て警視庁勤務。
「踊る大捜査線」青島刑事のモデルと言われる。
刑事警察や公安警察に所属し、殺人、強盗、傷害、詐欺、暴力犯、強姦、麻薬、外国人犯罪などあらゆる事件を扱い、ロ市警、FBIなどとも交流が深い。
警視庁時代は、警視総監賞4回受賞の他、刑事部長賞、刑務部長賞、署長賞などを多数受賞する。
2006年6月現在、「日本社会病理研究室」主任研究員(chief scientist)、助教授(adjunct professor)を務め、犯罪学者として教壇にたつ。
伝統空手六段の猛者。都内で二か所の道場を主宰し、門弟には警察官僚、自衛官などの治安・国防にかかわる官僚から、マスコミ関係者、サラリーマン、OL、学生まで幅が広く、氏の人柄をうかがわせるものとなっている。門弟の話では、その武勇伝には事欠かず、氏を「館長」と呼び親しみ、慕われているという。
また、「まるごし刑事」(全75巻)、「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」などの劇画原作、「ニッポン非合法地帯」「治安崩壊」「『落とし』の技術」など著作多数の一方で、コメンテーターとして多数のテレビ番組に出演している。
.
..

実績

「ニッポン非合法地帯」
「『落としの』技術」
「治安崩壊」「TVのチカラ」(テレビ朝日)
「やじうまプラス」(テレビ朝日)※土曜日レギュラー
「情報とってもインサイト」(TBS)
「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)
他、多数出演。

 
 

 

PageTop