講師プロフィール

小和田哲夫おわだてつお

歴史学者

小和田哲夫

登録ジャンル

文化・芸能/生涯学習/教育/

プロフィール

1944年2月1日、静岡県静岡市生まれ。母方の先祖が武田家臣の馬場信春だと聞かされて育った、と本人が著書の後書きで書いている。千代田区立麹町中学校、城北高校を経て、早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。1986年、早稲田大学文学博士。

1973年静岡大学教育学部専任講師、助教授をへて1987年教授。教育学部長、附属図書館長を務め、2009年3月定年退任。

経歴

1944年 静岡市生まれ
1972年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
2009年3月まで静岡大学教育学部教授を務める。
ベスト・セラーとなった『日本の歴史がわかる本』などの啓蒙書の執筆を行い、NHKテレビ「その時歴史が動いた」や教育テレビ「日本史」などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。また、NHK大河ドラマ(1996年「秀吉」、2006年「功名が辻」、2009年「天地人」等)の時代考証も務める。 .
..

主な講演テーマ

戦国武将の経営術・リーダーシップ‐
『戦国武将に学ぶ経営戦略』
『戦国武将に学ぶリーダーシップ』
『戦国の名参謀 -ナンバー2が歴史を動かす-』
『戦うリーダーのための決断学』
『歴史に学ぶ人材活用』
『信長・秀吉・家康に学ぶ経営戦略』

‐大河‐
『織田家の人びとと伊勢 -信雄・信孝・信包・江-』
『お江と徳川三代』
『江〜姫たちの戦国〜 -時代考証の立場から-』
『戦国を生きた女たち -お市と三姉妹-』

主な著書

『“国盗り物語"の旅 道三と信長の遺跡をたずねて』サンケイ新聞社出版局、1972年
『近江浅井氏』新人物往来社、1973年
『戦国武将ものしり事典』新人物往来社、1976年
『戦国大名』教育社歴史新書、1978年
『城と城下町』教育社歴史新書、1979年
『戦国武将』中公新書、1981年
『駿河今川一族』新人物往来社、1983年
『後北条氏研究』吉川弘文館、1983年
『乱世の論理 日本的教養の研究室町・戦国篇』PHP研究所、1983年「戦国乱世」に学ぶ」文庫
『誤伝の日本史 歴史常識50の真相を探る』日本文芸社、1984年
『歴史おもしろかくれ話』三笠書房知的生きかた文庫
『豊臣秀吉』中公新書、1985年
『戦国武将の生き方死に方』新人物往来社、1985年/新人物文庫、2009年
『伊達政宗 知られざる実像』新潮社、1986年「史伝伊達政宗」学研M文庫
『山田長政 知られざる実像』講談社、1987年「史伝山田長政」学研M文庫
『武田信玄 知られざる実像』講談社、1987年「史伝武田信玄」学研M文庫
『一冊まるごと徳川家康の本』ロングセラーズ、1987年
『春日局 知られざる実像』講談社、1988年
『三方ケ原の戦い 武田信玄上洛への大戦略!!』学習研究社、1989年(「歴史群像」シリーズ. 合戦ドキュメント 2)のち文庫
『桶狭間の戦い 信長会心の奇襲作戦』学習研究社、1989年のち文庫
『北条早雲とその子孫 知られざる北条五代の実像』聖文社、1990年
『軍師・参謀 戦国時代の演出者たち』中公新書、1990年
『日本史小百科 27 武将』近藤出版社、1990年
『図説織田信長・男の魅力』三笠書房、1991年
『織田家の人びと』河出書房新社、1991年
『日本の歴史がわかる本(全3冊)』 三笠書房知的生きかた文庫、1991年
『国際情報人信長』集英社、1991年
『「国盗り」の組織学 乱世を生き抜いた知恵』日本経済新聞社、1991年「歴史に学ぶ『乱世』の守りと攻め」集英社文庫
『日本史おもしろこぼれ話』三笠書房、1991年「日本の歴史“とっておきの話"」文庫
『日本史101の謎 歴史のウラ舞台』三笠書房、1992年「日本歴史101の謎」文庫
『戦国の参謀たち 信長・秀吉・家康を支えた「副」の生き方』実業之日本社、1992年『戦国参謀頭の使い方』三笠書房知的生きかた文庫
『参謀・補佐役・秘書役 強い組織を支える人間集団の研究』PHP研究所、1992年
『日本の歴史・合戦おもしろ話』三笠書房知的生き方文庫、1992年
『危機突破の発想 戦国武将は知恵で勝つ』日本経済新聞社、1992年「戦国武将頭の使い方」三笠書房知的生き方文庫
『高天神城の総合的研究』大東町教育委員会、1993年
『日本の歴史がわかる本 人物篇(全3冊)』三笠書房知的生き方文庫、1993年
『関ケ原の戦い 勝者の研究・敗者の研究』三笠書房、1993年
『この一冊で「戦国武将」101人がわかる!』三笠書房知的生き方文庫、1994年
『太閤記の人々 「秀吉」ワールドのオールスター勢ぞろい』同文書院、1995年
『戦国10大合戦の謎 作戦・陣立て・用兵-真実はこうだった』PHP研究所、1995年のち文庫
『秀吉のすべてがわかる本』三笠書房、1995年「一冊で読む豊臣秀吉のすべて」文庫
『城と秀吉 戦う城から見せる城へ』角川書店、1996年
『この一冊で日本の歴史がわかる!』三笠書房、1996年
『毛利元就知将の戦略・戦術』三笠書房知的生きかた文庫、1996年
『石田三成「知の参謀」の実像』PHP新書、1997年
『戦国三姉妹物語』角川選書、1997年
『呪術と占星の戦国史』新潮選書、1998年「戦国軍師の合戦術」文庫
『通勤電車で楽しむ日本史の本』三笠書房知的生きかた文庫、1998年 改題「名場面でわかる日本の歴史」
『明智光秀〜つくられた「謀反人」』PHP新書、1998年
『「先読み」と「決断」のにんげん日本史』講談社、1999年
『関ヶ原から大坂の陣へ』新人物往来社、1999年
『徳川秀忠 「凡庸な二代目」の功績』PHP新書、1999年
『日本人は歴史から何を学ぶべきか』三笠書房、1999年のち文庫
『小和田哲男著作集』清文堂出版、2000年-2002年
(1) 今川氏の研究
(2) 今川氏家臣団の研究
(3) 武将たちと駿河・遠江
(4) 争乱の地域史 西遠江を中心に
(5) 中世の伊豆国
(6) 中世城郭史の研究
(7) 戦国城下町の研究
『日本史50の大逆転』三笠書房知的生きかた文庫、2001年
『「人望」の研究』ちくま新書、2001年
『日本の歴史を騒がせたこんなに困った人たち』祥伝社黄金文庫、2001年
『3時間で頭に入る日本の歴史』三笠書房、2002年
『日本史講義 日本人の足跡を知り、確かな展望をつかむために』ナツメ社、2002年
『日本国宝物語 歴史に秘められた謎を訪ねて』ベスト新書、2002年
『豊臣秀次「殺生関白」の悲劇』PHP新書、2002年
『歴史探索入門 史跡・文書の新発見』角川選書、2003年
『信長 徹底分析十七章』KTC中央出版、2003年「集中講義織田信長」新潮文庫
『戦うリ−ダ−のための決断学』PHP研究所、2003年
『日本史を動かした名言 その「名場面」を読み解く』青春出版社、2004年
『今川義元 自分の力量を以て国の法度を申付く』ミネルヴァ書房:ミネルヴァ日本評伝選、2004年
『賢妻・千代の理由』日本放送出版協会、2005年
『山内一豊 負け組からの立身出世学』PHP新書、2005年
『秀吉の天下統一戦争』吉川弘文館、2006年(戦争の日本史)
『甲陽軍鑑入門 武田軍団強さの秘密』角川文庫、2006年
『駿府の大御所徳川家康』静岡新聞社新書、2007年
『戦国時代は裏から読むとおもしろい! 「敗者」から見たもうひとつの戦国合戦史』青春文庫、2007年
『戦国の城』学研新書、2007年
『名城と合戦の日本史』新潮選書、2007年
『戦国武将を育てた禅僧たち』新潮選書、2007年
『知識ゼロからの戦国武将入門』幻冬舎、2007年
『戦国の合戦』学研新書、2008年
『名参謀・直江兼続』三笠書房、2008年
『天下人に学ぶ逆転勝利の戦略 信長・秀吉・家康戦国リーダーの負け戦』梧桐書院、 2009年
『北政所と淀殿―豊臣家を守ろうとした妻たち』吉川弘文館:歴史文化ライブラリー、2009年
『知識ゼロからの日本の城入門』幻冬舎、2009年
『戦国の群像』学研新書、2009年
『戦国大名一〇六家最強の系図』新人物往来社、2009年
『詳細図説信長記』新人物往来社、2010年
『詳細図説秀吉記』新人物往来社、2010年
『詳細図説家康記』新人物往来社、2010年
『歴史ドラマと時代考証』中経出版、2010年
『戦国武将の手紙を読む 浮かびあがる人間模様』中公新書、2010年
『お江 戦国の姫から徳川の妻へ』角川選書、2010年
『戦国三姉妹 茶々・初・江の数奇な生涯』角川選書、2010年
『お江と戦国武将の妻たち』角川ソフィア文庫、2010年
『黒田如水 臣下百姓の罰恐るべし』ミネルヴァ書房:ミネルヴァ日本評伝選、2012年
『NHK さかのぼり日本史(7)―戦国 富を制する者が天下を制す』NHK出版、2012年

 
 

 

PageTop