講師プロフィール

高橋 延明たかはしのぶあき

全国民泊同業組合連合会/代表理事

高橋 延明

登録ジャンル

ビジネス/経営論/コミュニケーション/経済/地域経済/研修・安全大会/営業

専門分野

民泊,ホテル,地域活性化

プロフィール

1987年9月 東京都新宿区生まれ。青山学院中等部卒業。青山学院大学法学部卒業。卒業後、調布市にて飲食店を開業。食べログの同エリアランキング1位を獲得。Party Space,会員制Lounge,熟成肉ビストロを開業する。テナントコンサルティング事業を開始。民泊事業に参入する。日本初の民泊の業界団体”(一社)民泊協会”を設立。内閣府規制改革会議に有識者として出席。民泊新法の骨子の立案に携わる。地方自治体の旅館業法の条例改正の相談を受託する。東京、沖縄、大阪、福岡で合法的な民泊事業を開始。2.3億円で購入した専門学校をホテル業に転用、仲介業者を挟まず4.2億円で売却。新築・既存アパートやマンションを一時的に宿泊施設へ転用する事業を開発する。8ヶ月で9棟の宿泊施設を開業。現在は15棟300室を経営する。

経歴

全国で2社しかノウハウを持たないアパ・マンの一時的なホテル転用事業の開発。自力で買主を見つけて、2.3億円で仕入れた物件を4.2億円で売却した実績。内閣府規制改革会議や大企業社長100人や1,000人の会場でも臆さず弁が立つ精神。日本で初めて民泊の一般社団法人を設立する、将来・事業の先見性の高さ。食べログの同エリアランキング1位を獲得した、発想の柔軟性とランチェスター戦略。学生時は学生団体を設立、新規事業へのチャレンジ精神は若年期から衰えない。

主な講演テーマ

●「民泊の最新トレンド」
2018年6月より住宅宿泊事業法が施行されます。どのような法律で、私たちがどのように携わっていけばいいのか。民泊の関係法規を交えてお話をします。また、同法の施行を待たずして、従来なかった新しい形態の宿泊施設がオープンしています。どのような業態で、特徴は何があるのか。最新の事例を交えて解説します。

●「ホテル業の最新トレンド」
2020年に東京オリンピックを控え、日本の観光立国化は進んでます。なかでもホテルは最も人気で注目の集まる事業です。そうしたホテル業も最新業態が続々オープンしてます。従来なかった新しいホテルを事例と共に解説します。
また、ホテル業に参画するにあたり、どうしたら競合他社に負けないホテルが作れるのか、レベニューマネジメントやランチェスター戦略に触れてお話をします。

●20代で年収1000万円を超える方法
講師がどのように20代で年収1000万円を超えたか、精神面や肉体面、その思考法について解説します。

実績

テレビ西日本、西日本新聞、日経新聞、毎日新聞、住宅新報など多数取材。
日管協サブリース協議会総会、民泊EXPO、第58回ビル経営サミットなど多数講演。

 
 

 

PageTop