講師プロフィール

山崎武司やまさきたけし

スポーツコメンテーター/プロ野球解説者

山崎武司

登録ジャンル

ビジネス/モチベーション/スポーツ/研修・安全大会/モチベーションアップ

プロフィール

1968年11月7日生まれ
愛知県知多市出身
182cm/100kg 右投右打
経歴:愛知工業大学名電高校〜中日ドラゴンズ(1987〜2002)〜オリックス・ブルーウェーブ(2003〜2004)〜 東北楽天ゴールデンイーグルス(2005〜2011)〜中日ドラゴンズ(2012〜2013)
通算成績:2249試合 1834安打 403本塁打 1205打点 打率.257
タイトル:本塁打王2回、打点王1回、最多勝利打点1回

経歴

「ジャイアン」の愛称の通り豪快なホームランとその性格で多くのファンから愛された大打者。
 1987年に愛知工業大学名電高校からドラフト2位で地元・中日ドラゴンズに入団。アメリカやドミニカへの留学などを経て、プロ10年目の1996年にレギュラーに定着。するとその年に松井秀喜との壮絶な争いを制し本塁打王を獲得。
 その後、2003年のオリックスへの移籍を経て、2005年からは楽天の創設メンバーとして活躍。創設期から主将を務めるなどチームを支え、2007年には39歳で本塁打王、打点王の2冠王に輝き、ベテランの域に達してもなお第一線で活躍する姿は「中年の星」として大きな支持を集めた。 2012年からは古巣の中日に復帰し、翌2013年に現役引退。
 

主な講演テーマ

3度のクビから現役27年〜星野監督や野村監督と出会って〜」
「“欲”に忠実になれ!目標達成のためのセルフマネジメント」

実績

引退後は野球解説者・スポーツコメンテーターとして活動する傍ら、講演会の講師やスポーツカーなどの多趣味と豪快なキャラクターを活かして活躍中。
 また引退後も「いつまでも何かに挑戦していたい」という考えからOTG TN 滋賀(大阪トヨペットグループ 滋賀トヨタ/ネッツトヨタ滋賀)のレーサーとしてTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceにも参戦している。
 現役時代から慈善活動にも尽力しており、2008年の岩手・宮城内陸地震の際にはシーズンのホームラン数28本に応じた280万円を被災地である宮城県栗原市に寄付、同市は感謝を込めて市営栗原球場の名を「山崎武司球場」と改めた。
 現在も宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOで開催されるレースに出場する際には「東日本大震災みやぎこども育英募金」に毎年寄付を行っている。また年末には「がんばろう東北!東日本大震災復興支援山?武司チャリティーゴルフコンペ」を主催し寄付を行うなど自身が復活を遂げた宮城、東北への恩返しを続けている。
 その他にも愛知、宮城、岐阜、三重などで自身の名を冠した少年野球大会を開催し、青少年の育成にも貢献している。

講演活動は一般企業、労働組合、高等学校、大学、塾、予備校、青年会議所、自治体、業界団体、少年院等で幅広くおこなっている。

 
 

 

PageTop