講師プロフィール

齊藤 祐也さいとうゆうや

ラグビー元日本代表

齊藤 祐也

登録ジャンル

スポーツ/ラグビー/生涯学習/人生/教育/青少年育成/学校・PTAイベント/

専門分野

スポーツ教育、スポーツの指導と取り組み方や姿勢

プロフィール

高校1年からラグビーを始め、若干2年で高校日本代表に選出、卒業後はラグビーの名門・明治大学に入学。
大学卒業後はサントリーに入社。2002年フランスリーグに海外移籍し、フォワードとして、日本人初のプロ契約選手となった。引退後、株式会社コーディネーション・アカデミーを設立し、子ども達に様々なスポーツ競技を指導する教室を開催。
またスポーツイベントを企画、運営し、多くの方にスポーツを通して、カラダを動かす楽しさを伝えている。
また、最近では、2019年ラグビーワールドカップ決勝や、トップリーグ史上初の地上波生放送で解説を行うなど、自身の経験を踏まえた丁寧な解説が定評。

2001年サントリー〜2002年フランスリーグ・USコロミエに海外移籍(フォワードとして日本人初のプロ契約選手となる)
〜2003年神戸製鋼とプロ契約〜2007年豊田自動織機〜2011年引退〜ラグビー普及活動として、全国各地でラグビー指導とラグビー解説者として活躍中

経歴

・高校日本代表としてウェールズ&イングランド遠征に参加/・7人制、10人制日本代表
・日本代表A(15人制)の各カテゴリーで選出。/・2003年 オーストラリアで行われたW杯に出場。※日本代表キャップ数(出場数)14

主な講演テーマ

●チームワーク
球技スポーツの中で最も人数の多いラグビーにおいて、勝利するために何が必要かを追求。日本トップチームや日本代表経験、海外チームでプレーした経験を踏まえ、チームがどのように成長し、勝利してきたか。また「one team」チームが一つになるために重要なこととは何かを講演で伝えます。

●逆境に打ち勝つ方法/選択の仕方
プロスポーツ選手として経験した、挫折からどのように立ち直ったのかを講演で伝えます。プロの世界で経験した移籍などの選択をどのようにしてきたのか。常に選択を迫られる中、何を優先し、どう選択してきたのかをエピソードを踏まえお伝えします。

●子どもスポーツ指導
スポーツ選手を引退し、スポーツ指導者としてキャリアを積む中で、子どもスポーツ指導において、重要なこととは何か。やってはならない指導や子どもの可能性を最大限に伸ばす指導方法を講演で伝えます。

●強い組織づくり
ラグビーはポジションによって明確な役割があり、其々の特性を活かすスポーツである。ビジネスにおいても自身の強みをどう組織に順応し発揮できるかが必要不可欠である。
リーダーとフォロワーの相互関係、ラグビー憲章にある「品位・情熱・結束・規律・尊重」を重んじ、強くそして良いチームを作るために、どのような行動をしてきたかをお伝えします。

●目標・夢
目標や夢を持つことの重要性を講演で伝えます。
海外でプロスポーツ選手になるという夢を達成した経緯はどうだったのか。プロラグビー選手として活動してきた10年間で、どの様に目標を立てクリアしてきたのかをエピソードを踏まえ伝えます。

実績

明治大学講演会
ラグビー日本協会主催東京商工会議所講演
葛飾区中学校講演 他 多数

 
 

 

PageTop