講師プロフィール

高 永喆 こう よんちょる

拓殖大学アジア情報センター客員研究員

高 永喆

登録ジャンル

経済/世界経済/政治/国際情勢/健康・福祉/健康

プロフィール

韓国統一振興印専任教授
JFSS:日本戦略研究フォーラム研究員

日刊問題や日中領土問題および米軍基地移転など、安全保障問題が話題となっている
昨今、韓国軍将校として国防省の実務経験を重ねた専門家からの目でお話をします。.
..

経歴

韓国全羅南道生まれ
1975年 韓国朝鮮大学文学部卒業、海軍将校試験合格、指揮官・参謀として現場実務経験。
少佐の時、海軍大学正規過程(18期)卒業、米国防省情報学校修了。
国防省情報分析官、国防省日本担当官として日韓防衛交流推進担当。
北朝鮮をめぐる安全保障と韓半島の歴史・文化、日韓関係に詳しい。
テレビ、新聞、週刊誌コメンテーターとしても活躍。
.
.

主な講演テーマ

「中・韓の脅威と日・韓の生存戦略」.
相次ぐ中国・北朝鮮の挑発にやられっぱなしの日本と韓国は、核兵器を持ってないから常に中国と北朝鮮になめられたり、騙される状態である。日本・韓国が核兵器を持てば中国・北朝鮮の脅威はなくなる。中・朝の脅威は逆に喜ぶべき事である。中朝の脅威が日韓核武装の正当性を上げてくれるからである。


テーマ
「世界の中の日本 ~日本の潜在力」
日本は終戦後、自虐史観により自信感が失われた。しかし歴史上、日本は世界最大モンゴル帝国を退けしたし、日清戦争で勝利して大国ロシア帝国を退けた。さらに米英に戦争を仕掛けたが早期講和を結びついたら負ける戦争ではなかった。日本はアジアの小さい島国・田舎国と無視されたが世界4大強国と戦って3連勝した国柄である。日本は相変わらず技術大国・経済大国としての潜在力がある。太陽は再び昇る。歴史は繰り返される。


その他のテーマ
「韓国人の反日感情!その遠因と近因」
「日本人とユダヤ人は世界一優秀な民族!その理由」
.
.

 
 

 

PageTop